下半身でも鍛える部位

30代を越えてきたら、下半身でも鍛える部位を考えるべし!

30代を越えてきたら、下半身でも鍛える部位を考えるべし!と
日々思いながらトレーニングをしている今日この頃です。

 

20代と異なり、30代になると、早い人は筋肉が相当落ちてきます。

 

これまでは肉離れなどしなかったのに、ちょっと走ったり、ちょっとスポーツを
したりすると怪我をしたという30代が出てきます。

 

これは、30代前半が筋肉が発達するピークで、鍛えなければ、それ以降は
筋力が落ちるばかりです。

 

どんなに過去にスポーツをしていても、日々の仕事の忙しさで運動不足
かつ不摂生で体重超過ともなれば、怪我をしてもおかしくないです。

 

とはいえど、なかなか筋力を鍛える運動を毎日するのは難しいという方が
多いはずです。

 

そこで、どうしても鍛える時間が少ないのなら、鍛えて欲しい筋肉ベスト1を
まず紹介します。

 

太ももの大腿筋四頭筋です。

 

太ももの表側の筋肉です。
ここが衰えると、足を上げるという動作が上手く出来ないので、つまずくことが
増えます。

 

自分では上げてるつもりが筋肉の老化により思っている以上に
上がっていないのです。

 

日常の中でここを意識して鍛えるには、階段です。

 

しかし、普通に上っていては、トレーニング効果が薄いので、膝をしっかりと
上げて少しオーバー気味に階段を上ると大腿筋四頭筋に効きます。

 

この筋肉がもし老化してくると、膝にも影響が出てきます。

 

膝痛です。太ももで負荷を受けられないので、その分が膝に
来てしまうのです。

 

ですから、膝痛を防ぐためにも大切な筋肉です。

 

それにプラスして筋力をアップさせる効果が期待できる
FIRAマッスルサプリがおススメです!

 

やっと運動を好きになれました

 

運動が好きになったのは社会人になってから。

 

学生の頃はできるだけ体育の授業はお休みしたかったです。

 

運動する意味が分からなかったし、運動しても気分がよくなる
変化はなかったのです。

 

私が中学生の頃の体育は半袖にブルマーというちょっと
恥ずかしい姿でした。

 

学校は肌の露出について口うるさく言いましたが、なぜか体育の
授業の時だけは冬でも半袖シャツに太ももがあらわになるブルマ姿で
なんだかすごく矛盾を感じました。

 

それで運動することが嫌いになってしまったのです。

 

社会に出てから自分で選んだスポーツクラブに入会しました。

 

スポーツクラブは良いところです。
運動に適した格好なら何でも着ていいし、室内は空調が
整っていて身体にやさしいのです。

 

学生の頃こんな風に自由があったら私は運動を嫌いには
ならなかったはずです。

 

今はスポーツクラブで楽しく筋トレをしたりエアロビクスを
楽しんでいます。

 

ストレッチもしっかりして健康的な生活を楽しんでいます。