筋肉をつけたい

筋肉をつけたい方必見!効果の出易い状態を作ることが大切?

筋肉をつけたいと思ったら、筋トレをするのが一番です。

 

スポーツジムに通えば筋トレ用の機器は揃っていますし、
自宅で自分で筋肉をつけたいと思ったら、「腕立て伏せ」
「スクワット」「クランチ」など効果的なエクササイズもあります。

 

しかし一番大切なのは「筋肉を付け易い状態を作る」ということです。

 

短時間で効果的に筋肉をつける為にも、以下のコツを
覚えておきましょう。

 

筋肉サイクルを守る

 

筋肉をつけたいと思ったら、毎日一生懸命筋トレをするのが
一番だと思う人もいるでしょう。

 

しかし筋トレというのは、そもそも筋肉に負荷を与え、それまでの筋肉を
一度壊してリセットすることです。

 

一度壊れた筋肉は、だいたい48時間〜72時間かかって少しずつ
再生されていき、新しい筋肉として生まれ変わっていくのです。

 

つまり、一度しっかりと筋トレをしたらその後48時間〜72時間は
筋肉を休ませてあげる必要があるということです。

 

全身を筋トレするならば、個人差や部位による負荷の
かかり方にもよりますが、2日〜3日に1度というペースが良いでしょう。

 

基本的な筋トレが週に3回を目安としているのはその為です。

 

早く筋肉をつけたい場合

 

より短時間に早く筋肉をつけたいと思ったら、毎日少しずつ
筋トレをするという方法があります。

 

上述の通り筋肉にはリセット時間が必要ですので、
そのサイクルに合わせて順番に違う部位を鍛えていくと
効果的です。

 

例えば「1日目は上腕筋」「2日目は腹筋」「3日目は背筋」と
メニューを組み、毎日筋トレを行うという方法です。

 

筋肉は1度壊して柔らかくなっている時に鍛えることで
より強靭な筋肉に生まれ変わります。

 

4日目には同じ部位に戻すことで、リセット時間が終わったら
タイミングで鍛え直せる様にするのがコツです。

 

たんぱく質をしっかりと摂る

 

筋肉をつけたいとおもったら、身体の中から筋肉の生成を
サポートできる状態にしておくことも大切です。

 

たんぱく質は筋肉をつける上で最も重要な栄養素で、
動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2つがあります。

 

筋肉をつける為に良いのは動物性で、植物性は身体に
吸収されにくく、筋肉の生成にはあまり役に立ちません。

 

動物性たんぱく質を含む食品は「肉・魚・卵」ですが、肉の中でも
鶏のささみや胸肉はたんぱく質が豊富で脂肪が少なく、筋肉作りに
向いています。

 

筋肉は正しく鍛えれば見合うだけの結果が出ますので、
挫折しない為にもコツを抑えてトレーニングしましょう。

 

あと、筋力を増やす効果が期待できる
マッスルサプリを飲んでみましょうね!