専属トレーナーをつけるのも手

専属トレーナーをつけるのも手!?

専属トレーナーをつけるのも手だと思います。

 

キン肉マンのように筋肉ムキムキ状態にまでなりたいなら
専属トレーナーをつける方がいいですね。

 

効果を早く表せる方法はコレしかないでしょう。

 

自分でコツコツ筋トレをするよりも断然早く筋肉がつくしきれいな
身体になりますよ。

 

トレーナーの選び方はトレーナーの体つきを見て
憧れられるような人を選ぶと良いでしょう。

 

憧れられないトレーナーを選ぶとモチベーションが
下がってしまいますよね。

 

目標とする身体はなるべく近くにあった方がいいもの。

 

専属トレーナーをつけると決めたら自分よりずっといい体を
している人を見つけましょう。

 

スポーツクラブのスタッフにも素晴らしい筋肉をつけている人が
少なくないので相談に乗ってもらうのも一つの手です。

 

専属トレーナーをつけると身体は早く変わりますがお金が
かかります。

 

それも結構高い料金を取られると思うし、それが何度も
続くとなるとかなりまとまったお金が必要です。

 

お金が続かなくなると身体は元の状態に戻ろうとするので
せっかく支払ったお金がむだになることもあります。

 

よく考えてどういうトレーニング法が自分に向いているのか
探りましょうね。

 

結構トレーナーがやっている筋トレの仕方を真似るだけでも
身体は変わります。

 

椅子を使って筋力を鍛える簡単なトレーニング

 

普段運動をまったくしていないと、年齢を重ねたときにロコモティブシンドロームを
発症する恐れがあります。

 

高齢になると転倒で大けがをすることがありえますが、これは太ももの
前側の筋肉が衰えており、十分な高さまで足をあげることが
できなくなっているからです。

 

まずは背中を支える部分がついた椅子を用意します。

 

背筋を伸ばしてその前に立ったら、片方の脚を後ろに曲げて
足の甲を持ちます。

 

太ももの前側で心地よい橋を感じるところまで、ゆっくりと足を引き寄せて、
その状態で15秒程度維持し、これを左右交互に3回ほど行います。

 

続いて、背もたれに寄りかからないようにして深めに椅子に座ります。

 

この時に背筋は伸ばし、両手は太ももの上に置きましょう。

 

そして息を吐きつつ、片方の脚をゆっくりと上げて伸ばしていきます。

 

そのまま少し維持したら、息を吸いつつ元に戻します。
これを10回1セットとして、左右の脚双方で3セットずつ行います。

 

バランスを崩す恐れがある場合や、脚が極端に張っている場合には、
横たわって太ももの前面を同様に伸ばします。

 

そして背筋を伸ばして床に座り、片方の脚を伸ばして片方は
膝を立てます。

 

伸ばしたほうのつま先を徐々に上げ、徐々におろす運動を
繰り返しましょう。