スッキリお腹を手に入れる為トレーニング

間食に負けず再びスッキリお腹を手に入れる為トレーニングを

間食に負けず再びスッキリお腹を手に入れる為トレーニングを

 

ストレスが溜まると簡単に食に走ってしまう性格ばっかりに、思う様に筋トレによるダイエットが進まずガッカリしてしまう期間というのは私にもあります。

 

トレーニングをして消費する以上に食べてカロリーを摂取してしまい、特にお腹周りのダブつきが取れ難い原因となってしまっているのです。

 

何とか二の腕や肩周りには筋肉が付き、だいぶ見れる様にはなってきたものの、それでもTシャツを脱いで堂々と上半身を晒すまでには至っていません。

 

もちろん問題はその直下のお腹周りで、この周囲の肉が完全に引き締まらない限り、私のダイエットが成功に終わったとは言えないのです。

 

一時期までは比較的順調にトレーニングの効果も出てお腹にうっすら縦筋を作る事も出来たのですが、そこで安心し油断してしまったのが大きな間違いでした。

 

その後ストレスもありかなり食べてしまったところ、明らかなリバウンドで体重増加。せっかく出来たお腹の縦筋も消えてしまったのです。

 

現在はそれらの反省を活かし、どんなにきつい腹筋トレーニングでもその後は必要最低限の食事しか摂らず、もちろん間食も一切禁止。

 

またオフでも間食に手が届き易い自宅内に籠る事はなるべく避け、時間があれば外に出てロードワークやウォーキングに充てています。

 

スッキリとしたお腹までの道のりは険しいですが、頑張り抜くつもりです。

 

 

おすすめの筋トレ

 

夏が近づくと露出が増えることにより、男性たちは筋トレを始めますね。

 

世の中には、ダンベルなどの道具を使ったトレーニングや、腕立て伏せや腹筋など道具がなくても気軽にできるトレーニングがあります。

 

私は仕事もあるのでなかなかジムに通うことができず、道具を使った筋トレをするのは難しいです。

 

ですが、ある方法で効率よく筋力を増やしています。その方法が懸垂です。

 

懸垂は腕だけではなく、背筋や肩、握力も鍛えられる効率のいいトレーニングです。

 

自衛隊などでもやられるトレーニングでもあります。近くの公園やにでも行き、鉄棒を使ってやれるのでお金もかからず、気軽にやることができるのでおすすめです。

 

私も懸垂を1週間に3回ほどのペースでやっていたのですが、3カ月ほどで上半身が変わっているのを感じましたし、特に腕相撲は強くなりましたね。

 

やり方としてはまずは、順手(手の甲が自分に向く)でバーを持ち、肩幅より少し開きましょう。次に肩甲骨を寄せるように上げましょう。この繰り返しです。

 

もう上がらないという時は、バーを持ったままぶらさがるだけでも効果があります。

 

最初は一回も上がらないかもしれないですが、補助をつけてもらったりしながら続けましょう。何事も継続するのが大事です。

 

懸垂でたくましい肉体を身につけましょう。

 

その他には、FIRAマッスルサプリの口コミも良いかもしれません。